2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|ロックディスタウンで押してみます!


2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|来年の牝馬GⅠ戦線に名乗りを挙げるのは?

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では12月10日に開催されるGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズ予想についてを

  • 2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|出走馬
  • 2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|ロックディスタウン
  • 2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|ラッキーライラック・サヤカチャン

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|出走馬

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想

『2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想!』

牡牝の2歳チャンピオンが決まるこの時期になると、今年ももう終わりかぁ…という気分になります。

最近のこのレースは血統がものを言うレースになりつつあるように感じます。

ある程度の水準の血統を持つ馬は、やはりスピード能力が高めなんでしょうか?

当たり前ですが、スピード能力が高ければ、絶対にレースでは
有利になります。
人間も、両親が脚が速い人であれば、その子供も脚が速くなる可能性は高いです。

特に2歳チャンピオンを決定するようなレースなら、それは顕著になりますね。

しかし、最大の決め手となるのは、メンタルの強さかも知れないですが…

出走馬

1.サヤカチャン
2.ラテュロス
3.グリエルマ
4.マウレア
5.ラスエモーショネス
6.マドモアゼル
7.リリーノーブル
8.トーセンブレス
9.レグルドール
10.ハイヒール
11.ラッキーライラック
12.ソシアルクラブ
13.トーセンアンバー
14.ノーブルアース
15.ナディアロックディスタウンロックディスタウン
16.モルトアレグロ
17.コーディエライト
18.ロックディスタウン

18頭のフルゲートというのが、ただでさえ一筋縄ではいかないこのレースの予想の難易度を高めてくれておりますな(笑)

ちなみに前日現在の人気は、札幌2歳ステークス勝ちのロックディスタウンが1番人気、アルテミスステークス勝ちのラッキーライラックが2番人気、赤松賞勝ちのマウレアが3番人気となっているようです。

ではでは予想です!

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|ロックディスタウン

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想

◎ロックディスタウン

三冠馬オルフェーヴル産駒。

2戦2勝、9月の札幌2歳ステークスでは、牡馬を相手に指し切り勝ち。

やはり牡馬相手の重賞勝ちは大きいでしょう。
この時期の1800メートルを難なくこなしたという事は来年ねクラシック戦線で距離が伸びても全く心配はいらないでしょうね!

ここをアッサリ勝つようなら、来年のクラシック戦線での活躍は約束されたようなもので、ざっと見たところ、今回のメンバーならこの馬以上が見ありません。

9月以来のレースというのが気になるところですが、マイナス要素はそれしか見えないとも言えますな(笑)

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想|ラッキーライラック・サヤカチャン

2017阪神ジュベナイルフィリーズ予想

◯ラッキーライラック

この馬まオルフェーヴル産駒の2勝2勝。
アルテミスステークス勝ちがあります。

アルテミスステークスはローテーション的にはバッチリな時期に開催されるので、アルテミスステークスからここに出走してきたメンバーは要注意かも?

私的にはロックディスタウンとラッキーライラックには力差はほぼ無いように思います。

どちらかを中心に馬券を購入したほうがよいかも知れないです。

▲サヤカチャン

5戦1勝ながら、前走アルテミスステークスで2着。

5戦しているという事は、それほど経験を積んでいるということになりますね。

前走で2着しているのは、成長の証か、メンバーが手薄だったのか…?

しかし、こんな馬名の馬がよく走るのは最早トレンド(笑)

何かやらかしてくれそうな気がします…

あとは個人的にコーディエライト、リリーノーブルの2頭が気になります。

レースが終われば簡単に見えそうで難しい、難しく見えて簡単だったなあと思わせられる事が多いレースですが、今回はどんなレースになるんでしょうか?

私はロックディスタウンはかなり強い馬なんじゃないかと思っています。

オルフェーヴルもディープ級の名種牡馬になるかも知れませんね…

この記事でのご紹介は以上とあります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする