阪神中日2回戦結果に内容に感想大山値千金2ランが決め手|秋山良く投げた!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神中日2回戦結果に内容に感想大山値千金2ランが決め手|6回もあるモンテへの明らかにど真ん中をボール!審判見えてますか?

阪神中日2回戦結果内容感想大山秋山福留

本日の秋山投手は本当に良かったです。

ストレートのキレ、コントロールともに抜群でした。

しかし6回、中日大島選手にセンター前のヒットで出塁されると、京田選手の内野ゴロでランナーを進められ1アウト2塁に。

ここで中日の新外国人選手のアルモンテ選手と相対する秋山投手。

スリーボールツーストライクになるのですが、本来なら2回見逃し三振になっている内容でした。

今日の審判はいったいどこを見ているのでしょうか?きわどい所をストライクをボール、ボールをストライクというのならわかるのです。

仕方ありません、審判も人間だしと思えますが、今日の主審は明らかに2度ど真ん中をボールと言いました!!!

結果アルモンテ選手にタイムリーを打たれえしまうわけですが、今日の試合阪神が勝ったからこそまだ許せるものの、本当に審判のボケた判定の1つで試合の勝敗も変わる事もあるし、選手の人生も変わる事があります。

難しいジャッジは仕方ないとは思いますが、今日のようなど真ん中をボールというバカな判定は本当にやめて頂きたく思いました!

阪神中日2回戦

阪神3-1中日

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする