巨人阪神6回戦感想|4連続完封させず!初回から菅野打ちで6連勝!


巨人阪神6回戦感想|燃えたベテラン三銃士!秋山菅野に投げ勝ち6連勝!

巨人阪神6回戦菅野秋山福留糸井鳥谷 巨人阪神6回戦の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では菅野投手の4連続完封のかかった、巨人阪神6回戦の内容と感想から
  • 巨人阪神6回戦の感想|左のベテラン三銃士が菅野打ち!4連続完封にストップかけた!
  • 巨人阪神6回戦の感想|先発秋山セ界最強投手に投げ勝つ!!
  • 巨人阪神6回戦の感想|チームは好調6連勝で貯金9!
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

巨人阪神6回戦の感想|左のベテラン三銃士が菅野打ち!4連続完封にストップかけた!

巨人阪神6回戦菅野秋山福留糸井鳥谷今日の試合は、今の阪神の勢いが本物かどうかを試すのには最高の相手でした。 GWを5連勝フィニッシュ!首位広島をキッチリと鯉のぼりを下ろす5月6日に9点差をひっくり返し引きずりおろして首位となり東京ドームへ意気揚々と乗り込んだ、我らが阪神タイガース。 しかし立ちはだかるのは、パーフェクトコントローラー3連続完封中の菅野投手。 正直、試合前の記事でも書かせて頂きましたが、虎党の甲塚でも1点・・・2点取れればあるいわ・・・ と思っておりました。 しかし、虎党であるはずのこの甲塚、虎の誇る左のベテラン三銃士の力を大きく見誤っていりました。 福留さん、糸井さん、鳥谷さん、申し訳ございません! あなた方の力を見誤っておりました! と言うのも、甲塚長年野球を見てきておりますが、本当に調子の良い打線であっても好調のエース級投手と当たればピタリとあたりが止まるというのを今の今まで何度も目にしてきたからであります。 甲塚の方程式では、好調のエース級投手>好調打線。 と、 こういう図式が出来上がっておりました。 しかし、この図式を打ち破る今のタイガース打線。 まずは、初回高山選手のラッキーなツーベースを足掛かりに、北條選手がバントを一球で決めます。 ちなみに、阪神今季、初回からのバントはこれが初めてでした。 そして続く、左のベテラン三銃士の1人目糸井選手が見事にタイムリー! 初回から早くも菅野投手の4連続完封劇と言う大記録を打ち破ってしまいました。 相手が阪でなければ、甲塚もそんな大記録、応援していたところではありますが、今日ばかりはタイガースを応援しなければならないのです。 これが虎党の務め。 そして大きかったのが、ここで終わらずにこの後、左のベテラン三銃士2人目鳥谷選手にもタイムリーが出て初回1点ではなく2点入った事。 この2点目が非常に大きかったです。 そして回もまだあまり重ねない3回。 北條選手にラッキーな内野安打が出ると、ここぞとばかりに左のベテラン三銃士3人目福留選手にライトスタンドへ放り込む2ランホームランがうまれます!! さすがに私も3回で菅野投手から4点も取れるとは思っていませんでしたから、この時は叫んでしまいました。 いや~驚きましたね~しかしこの後はさすが菅野投手と言う投球を見せられ、この試合で入った得点はこの4点のみとなりましたが、相手が菅野投手と言う事を考えれば非常に価値のある重い4点であったともいえます。

巨人阪神6回戦の感想|先発秋山セ界最強投手に投げ勝つ!!

巨人阪神6回戦菅野秋山福留糸井鳥谷 今年は飛躍の年にしたい。 その為にこの巨壁を越えれれば・・・ 野球のみならず我々、普通の社会人にも越えなくてはいけない障壁、チョモランマのような存在が目の前にそびえたつときと言うのはあると思います。 どんな業界にも、凄い実績を持つ大先輩、そんな人に挑む時がやってくると、人は立ち向かう勇気と逃げたくなる臆病な自分を自己の中で格闘させるのです。 そして、そんな臆病な自分に打ち勝った者だけが、その巨壁に挑む権利を得れます。 そうなって初めてスタートラインへ立てるのですが、そこから今度は自分の実力出し切れるか? 巨壁に飲まれてしまう者も数多くいるかと思います。 しかし今日の秋山投手は違いました! 私がポイントと挙げていたのは初回と5回。 秋山投手はこの初回と5回を見事三者凡退に斬っています。 他にも挙げるなら4回裏、2アウト1,2塁から石川選手を歩かせ満塁にしての小林選手との勝負。 ここで打たれたり押し出しを与えていたらこの勝負の行方は全くわからないものになっていましたが、普通にショートゴロであっさり終わらせれる当たり今年の秋山投手には頼もしさすら感じました。 結果7回を投げて2失点、ソロホームランが2発のみということならば球場が東京ドームと言う事を考えたらほぼ完ぺきな投球であったともいえます。 この1勝は秋山投手のプロ野球人生の中でも非常に大きなターニングポイントとなる1勝であったのではないでしょうか? この勝ちが秋山投手の大きな糧となる事を願います。

巨人阪神6回戦の感想|チームは好調6連勝で貯金9!

巨人阪神6回戦菅野秋山福留糸井鳥谷 この東京ドームで巨人戦は6回戦7回戦と2連戦の予定でしたので、なんとしてでも初戦は取りたかったのです。 そしてその初戦を3連続完封中の菅野投手に勝ち、先取できて6連勝で貯金を二桁へ大手をかける9に出来た事は非常に非常に大いと思います!! 明日も阪神岩貞投手、巨人は大竹投手で、岩貞投手も開幕の頃から比べれば少しづつ調子は上り調子なので、打線は大竹投手を何とかできるとは思いますので、明日勝てば貯金が早くも2桁になります。 ここで巨人広島を一気に置き去りにすることが出来れば・・・ 交流戦に突入しても少しは楽なのですがね~ 私の希望としてはこの大型連勝が止まった後、またすぐに勝てれば何も言うことはないおですが、7連勝8連勝をして一つ負けてその次にすぐ勝てれば安心ですね。 大型連勝の反動で大型連敗とかだけはやめて欲しいです。 何はともあれまずは明日、岩貞投手頼みますよ~ 巨人阪神6回戦(巨人2勝4敗) 巨人2-4阪神 勝 秋山  2勝2敗 負 菅野  4勝1敗 S ドリス 0勝2敗13S 福留4号 マギー5号 石川3号 それでは巨人阪神6回戦の感想は以上となります。 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 【巨人阪神6回戦~7回戦】 5月9日巨人阪神展望|神がかる勢いVSパーフェクトコントローラー菅野投手    
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする