ロッテ阪神オープン戦3月20日|連日の守乱に不安満開!!


ロッテ阪神オープン戦3月20日|守備の乱れからの失点に頭が痛いです・・・

ロッテ阪神オープン戦3月20日

ロッテ阪神オープン戦3月20日についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。
いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。
この記事では3月20日のロッテ阪神のオープン戦の内容から
  • ロッテ阪神オープン戦3月20日|先発岩田は問題なし
  • ロッテ阪神オープン戦3月20日|連日の守乱れ!野手陣よしっかりして下さい!!
  • ロッテ阪神オープン戦3月20日|高山タイムリーに良太の2ランも守りがこれでは・・・
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロッテ阪神オープン戦3月20日|先発岩田は問題なし

3月20日のロッテ阪神オープン戦オープン戦の1位2位をいくチーム同士の試合になります。

阪神先発投手は、昨年の無念を晴らすべく今年先発ローテーションに加わり再起を計る岩田投手。

岩田投手らしくスライダーも良く内野ゴロを打たせる投球でまずまずのピッチングを見せてくれました。

しかし記録は5イニングで失点4が残ってしまいましたが、このうち3点あ防げた点数でした。

私が不安に思うのはサードを守る鳥谷選手の送球。

高山選手、中谷選手の外野の守備。

上本選手のセカンドの守備。

このあたりは日替わりでミスが出ております。

今日は3アウト目の三振を取ったあとにキャッチャー小宮山選手が岩田投手の落ちる球を捕球できずに2,3塁のランナーが返り2点を失いました。

記録ではワイルドピッチとなっていますがワンバウンドしただけの普通の落ちる球でしたので捕球は可能であったように見えました。

岩田投手は本日はかなり野手陣に足を引っ張られたように感じましたのでローテ争いに影響は無いと思います。

ロッテ阪神オープン戦3月20日|連日の守乱れ!野手陣よしっかりして下さい!!

ロッテ阪神オープン戦3月20日このオープン戦。

勝ちは先行していますがかなり、野手陣の守りの悪い所が目立ちます。

昨年も守備でBクラスに甘んじてしまったといっても過言ではありません。

そして投手力もそこまで良くない広島が優勝できたのもセカンドの菊池選手をはじめとする守備力が高いチームだからだと私は思います。

先発ローテーションの総合力で言えば阪神の方が広島よりも私は上だと思いますが、バックの守備力を加味した時に、投手+野手の守備で考えたら圧倒的に広島に負けていると言わざるをえません。

今年の阪神の浮き沈みを左右するのは野手陣の守りであると思いますので野手の方々、守備力をすぐに向上させるのは難しいとしても守りに対する高い意識だけは持ち続けて頂きたい!
それだけで結果は変わってくると思いますから。

ロッテ阪神オープン戦3月20日|高山タイムリーに良太の2ランも守りがこれでは・・・

ロッテ阪神オープン戦3月20日

本日のオープン戦は6-3で負けました。
この3得点は5回表の高山選手のタイムリーに9回表の新井良太選手の2ランホームラン。
守備での失点がなければ3-3であったかなと思える試合です。
オープン戦であるからそう見ることもできますが、これがシーズン中でしたらどんな理由があれ1敗は1敗。
そして私が何故このように守備についてうるさく語るかと言いますと、守りでの失点は本当に流れが悪くなり打撃のリズムにも影響が出て打てなくなると思うからです。
現にオープン戦のここ数試合、守りの悪い所が良く出て数試合、相手先発投手を殆ど打てていない試合が続いています。
めちゃくちゃ良いプレイをしてとは言いません!とりあえず普通の守備力を身に着けて投手の足を引っ張らないようにして頂きたいです!
この記事でのご紹介は以上となります。
最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする