阪神ロッテオープン戦|3月9日


阪神ロッテオープン戦|3月9日青柳好投も本日は打線が奮わず!

阪神ロッテオープン戦3月9日阪神ロッテオープン戦についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 この記事では3月9日に行われた阪神とロッテのオープン戦から
  • 阪神ロッテオープン戦|先発青柳投手も好投ローテーション入りへアピール!
  • 阪神ロッテオープン戦|本日野手陣は奮わず1安打
  • 阪神ロッテオープン戦|中継ぎ松田遼馬の直球に勢いが出て来た!
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神ロッテオープン戦|先発青柳投手も好投ローテーション入りへアピール!

阪神ロッテオープン戦3月9日本日3月9日のオープン戦は阪神の先発投手は青柳投手でした。 ローテーション入りを目指しアピールを続ける中、ライバルの岩田投手に秋山投手は好調アピールに成功してきています。 特に秋山投手はここまでずっとほぼ完ぺきな内容を見せ先発ローテーション5番手の椅子を手中にしたと言っても過言ではない中、本日は青柳投手も良い投球を見せました。 4回無安打で0点に抑えた青柳投手。 四球が2つあったものの昨年の良い時と同様の内容であると思います。 しかし私が考える青柳投手の課題は6回7回あたりにあります。 握力が低下してきてからの制球力の極端な低下。 これはさすがにオープン戦で見ることはできないですよね。 青柳投手の本来の実力であれば4イニングなら安打も打たせずに抑えることは十分可能なイニングなのでこれが6回7回8回と出来れば本当にローテーション入りどころかローテーションンの柱に成り得る投手です。 しかし私は勿論青柳投手のローテーション入りにも期待はしたいのですがチームの勝利の為と青柳投手の持ち味を最大限に活かせるのはセットアッパーではないかと思うのですよね。 8回青柳9回岩崎とかの必勝リレーーを虎党の同志の皆様は見て見たくはないですか?

阪神ロッテオープン戦|本日野手陣は奮わず1安打

阪神ロッテオープン戦3月9日 昨日までは元気があった野手陣ですが本日は冷え込みが強かったせいかロッテ阪神共に打線が低迷していました。 阪神に至っては1安打。 まあこういう日もあるのでしょうがそれでも1安打しか出ない中、1得点した事に価値があると思います。 1安打は本日はセンターでの出場の荒木選手。 唯一の打点はさすがの北條選手でした。 対するロッテには5安打をされ同じ1点ですから内容は負けていても勝負は1-1の同点ですからシーズン中にも打てなくても得点できるチーム力がついてくればいう事は無いのですけどね。 打線には11日からの西武戦でまた期待しましょう。

阪神ロッテオープン戦|中継ぎ松田遼馬の直球に勢いが出て来た!

阪神ロッテオープン戦3月9日 私が本日のオープン戦で目がいったのが中継ぎで登板して2イニングを任せられた松田遼馬投手。 前回の登板の時よりも直球に勢いがあり投球後のフォームにも何か躍動感を感じられました。 その証拠に2イニングで3三振を奪うなど1安打こそ許したものの2イニングをキッチリと抑えてくれました。 この松田投手が育ち。松田ー青柳ー岩崎というJFKの時のような完璧な勝利の方程式が確立されれば3人ともまだ若い投手だけに長期政権も夢ではないのですがね。 青柳投手は後ろで使われるとは限らないし私の個人的な妄想ではありますが右→右下→左とリレーとしても投げ方も変わり理想的であると思うのですよね。 何はともあれ松田遼馬投手の今後の成長に大きく期待しております。 私が今年の阪神で1番の不安に上げている2点。 守備力と中継ぎ以降の投手の1つの不安を拭い去るためにも頑張って下さい! 最後になりますが本日は阪神のエラーは0でした。 良かった良かった♪ 本当に守備力の向上と中継陣の整備が叶えばペナントも取れると本気で思っております! 今年は9月まで夢を見続けさせてくださいね~ それではこの記事でのご紹介は以上となります。 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. corburt erilio より:

    Loving the info on this website , you have done great job on the blog posts.

  2. corburterilio より:

    It’s appropriate time to make some plans for the future and it’s time to be happy. I’ve read this post and if I could I want to suggest you some interesting things or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article. I desire to read more things about it!