阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|獲得のメリットデメリット


阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|他には西武炭谷もFA権獲得しますが・・・

阪神FA中田翔

阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではプロ野球今季オフで日本ハムファイターズの中田翔選手がFA権行使した場合に阪神が獲得に動き出す可能性もある事から

  • 阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|獲得した場合のスタメンは?
  • 阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|メリットにデメリット
  • 阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|炭谷銀仁朗は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|獲得した場合のスタメンは?

阪神FA中田翔金本監督の

「外国人は別として(FAは)最小限に、本当に必要なところだけ補う。補強は最小限、育成は最大限。自前のチームを作るのは就任からの目標。そこはブレずにいく」

というお言葉から金本監督は中田選手獲得へは消極的なようにも感じますが、万が一獲得した場合はどのようなスタメンになるのでしょうか?

中田選手が1塁手であるので、現在1塁手として良く出場している大山選手が三塁手にまわった場合鳥谷選手が出場できなくなります。

その場合鳥谷選手をショートに戻す?そうなると大和選手が出場できなくなります。

大和選手を出場させたい場合は上本選手が出場できなくなりますね。

いずれにせよ中田選手を獲得した場合、出場できなくなる可能性のある選手は、

大山選手、鳥谷選手、大和選手、上本選手。

などの選手を起用することができなくなります。

このような選手たちの起用の機会を減らしてまで中田翔選手を獲得する必要があるのか?

少し考えてみました。

阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|メリットにデメリット

阪神FA中田翔

中田翔選手を獲得するメリット

  • チームとしての長打力が強化される
  • 福留選手がフルで出場できないので代わりに4番として固定できる
  • 糸井中田福留と左右左と言うジグザグでのネームバリューのスゴイクリーンアップを組める

中田翔選手を獲得するデメリット

  • 起用方法によるが今季急成長を見せた大山選手の起用機会が減る
  • 移籍金高額年俸による球団の負担
  • 1塁しか守れないのでスタメンバリエーションが乏しくなる

などが考えられます。

私個人の意見としては、来年は大山選手を出来る限り最低限規定打席に到達するくらいは使い続けて頂きたい気持ちが強いです。

大山選手が規定打席に乗れば、270~300、20本~30本は必ず打てると私は思います。そして中谷選手と早い段階でクリーンアップを固定して頂ければファンとしては嬉しい限りですね。

阪神FA権行使の可能性のある中田翔は必要か?|炭谷銀仁朗は?

阪神FA中田翔

中田翔選手以外では、FA権行使の可能性があるのが西武の捕手、炭谷銀仁朗選手。

阪神は獲得するともしないともまだ公表はしていませんが、中田翔選手を獲得するのなら私はまだ、炭谷選手を獲得する方が利があるのでは?と考えます。

梅野捕手、坂本捕手ともに良い所はありますし今後阪神の正捕手を奪い取って頂きたいのは当然なのですが、やはりまだここぞという所での経験不足が今季は目立ちました。

しかし炭谷選手はもう経験充分な捕手な上に年齢もまだ30歳。

これからバリバリできる梅野坂本両捕手の見本となり、正捕手を奪い取る壁となって頂けると思うのです。

投手陣にも良い影響があるのではないでしょうか?

炭谷銀仁朗選手の獲得は熟考の余地があるかと思います。

今季はクライマックスシリーズファーストステージで敗退してしまった我らが阪神ですが、藤波投手の大乱調に期待された北條選手、原口選手のスランプがあったにしては大山選手の台頭や中谷選手の覚醒、秋山投手のついに本領発揮などもあり2位でシーズンを終えたのは監督の仰る通りまあ褒めてあげても良い結果だとは思います。

来季に向けての楽しみも沢山出来ましたし今季はファンとしてもまあ納得のシーズンでしたね。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【阪神オフの動き関連記事】

2017ドラフト目玉の清宮はセリーグDH導入のきっかけとなる!?|まだ導入されていないのがおかしい

阪神大和がFA権行使!守備の要は必ず引き留めて頂きたい!|打撃も上がってきて今後必ず必要な選手!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする