プロ野球阪神広島6回戦|原口2パッチ達成!目標まであと8パッチ!!


プロ野球阪神広島6回戦|この勝ち越しはデカい!!能見の粘りに原口の勝負強さ!

プロ野球阪神広島6回戦原口能見高山プロ野球阪神広島6回戦についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。 いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。 デカい!!デカい!!!この勝ちは本当にデカいです!!!! 私は今日私事で試合の序盤はラジオでの観戦でしたが初回から3回くらいまでの試合展開で今日はワンサイドでの負けかなと半ば心が折れかけていましたが・・・ それではこの試合の勝利がデカい理由とともにプロ野球阪神広島6回戦の内容と感想をこの記事では
  • プロ野球阪神広島6回戦|先発能見の大粘投!本当によく耐えた!!
  • プロ野球阪神広島6回戦|原口よく決めた!!取ったイニングにも意味がある!!
  • プロ野球阪神広島6回戦|この勝利がデカい3つの理由
以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロ野球阪神広島6回戦|先発能見の大粘投!本当によく耐えた!!

プロ野球阪神広島6回戦原口能見高山何処のチームもそう感じているでしょうが、広島の序盤の攻めって本当にキツイんですよね。 見ていてもしんどいです。 投げてる投手やリードする捕手、首脳陣の方々はなおさらでしょうね。 そんな広島打線相手に初回からピンチの連続でよく・・よく・・5イニングを1点に抑えたと思います。 相性の悪い新井選手を擁する広島打線。 能見投手も以前は広島に相性が良かったとはいえ、あの頃の打者と今の打者でラインアップがガラッと変わっており本人的にも相性の良さなど感じていないと思います。 1回から3回までは毎回のピン・・・私はワンサイドゲームすら覚悟していました。 それに能見投手を受けて投げてくれた桑原投手! 今年のここまでの貯金3は桑原投手あってのものだと思います。 広島打線相手に1番しんどい6回7回を完璧に抑え込む価値のある投球。 勝ち投手こそマテオ投手につきましたが、今日は能見投手と桑原投手はともに1勝の価値ある仕事をしてくれたと思います。 そしてドリス投手!!! 正直2-1になり私は1点かぁ・・・怖いなぁ・・・怖いなぁ・・・とまるで尊敬する稲川淳二大先生のように呟いていました。 しかし私のそんな怪談話になってしまうのではないかという杞憂を吹き飛ばす投球。 今日は最速155キロまで計測する力押しで広島打線を3人で牛耳ってしまうではないですか!? 本当に凄いと思いました! ファンの方が恐れすぎ? 選手の向かっていく度胸とメンタルに感服です。

プロ野球阪神広島6回戦|原口よく決めた!!取ったイニングにも意味がある!!

プロ野球阪神広島6回戦原口能見高山本当に・・・本当によく決めてくれました!!! 原口選手ナイス2パッチ目!!! 前回のサヨナラホームランでお立ち台に上がり必死のパッチを矢野さんや関本さんから継承していることを見せてくれた原口選手。 目標何パッチですか?(お立ち台には何回立ってくれえますか?の意味)の問いに10パッチと宣言した原口選手。 それが4月で早くも2パッチ達成。 2パッチ達成の殊勲打となった8回裏のタイムリーは1-1からの勝ち越しのタイムリ!! 2試合連続好投されている九里投手からの1打だけに勝ちの大きさもひと際目立ちます。 広島打線は一度逆転されるとそこから反撃ムードに入りまた打線に火が付くチーム。 巨人広島戦の9回表の7得点然り。 しかしこの8回の裏に得点してしまったことにより、広島の次の最終回の打者はエルドレッド選手から打順は下位に進みます。 エルドレッド選手に1発さえくらわなければ・・・との計算が立つのです。 このタイトな試合の8回の裏に決めたというのは本当に大きな価値があったと思います。

プロ野球阪神広島6回戦|この勝利がデカい3つの理由

プロ野球阪神広島6回戦原口能見高山今日の勝ちは本当に大きい。 その理由はいくつかありますが、1つづつお話していきます。

阪神広島6回戦この勝ちが大きい理由1

広島初のカード負け越し 私は正直この3連戦で阪神が広島を叩けなければ4月中は広島はカード負け越しなしでいくのではないか? それくらいにの勢いを感じました。 だからこの段階でのカード負け越しを与えて1度勢いにストップをかけたのは長いペナントの流れから見ても非常に大きいと思います。

阪神広島6回戦この勝ちが大きい理由2

先発九里投手に負けをつけれた 130球以上を投げ2失点。 内容は勝ち投手の内容ですよね。 強力広島打線をバックに戦う投手なら8回を投げて2失点ならほぼ勝ちです。 広島首脳陣の方々も今日の九里投手の内容を見て評価はさらに上がったと思います。 しかしプロの世界は結果が全て。 いくら良い投球をしようが負けは負け。 だからこそ開幕から2連勝で良い投球を続けている九里投手を止めたのは広島自体の勢いを止めることにも等しいのです。 加藤投手も然り。 プロ初先発であわやノーヒットノーランという投球でプロ初勝利を挙げた加藤投手。 この加藤投手に乗じて勢いが更に加速しそうな広島をこの3連戦の初戦で加藤投手を攻略することにより止めました。 そして次に九里投手の勢いも止めました。 この勝ちが大きい2つ目の理由です。

阪神広島6回戦この勝ちが大きい理由3

対戦成績こそ3勝3敗の五分ですが広島は阪神にしか負けておらず、しかもチームが低迷しているわけでもなく好調な状態で叩かれているわけです。 そろそろ広島も阪神がちょっと嫌、とかなってきているはずなのです。 今年の開幕戦では昨年の阪神のふがいなさからもう舐められて飲まれた感じでかかってこられているような感は受けましたがここまで五分に戦われているとなると少し嫌な感じを与えているとは思います。 以上の3つの理由から長いペナントを戦っていくうえで阪神が優勝するための最大の障壁となるであろう広島に現段階で五分に戦えているのは非常に大きいと思います。 本当に今日の勝利は価値のある1勝であったと思いました。 プロ野球阪神広島6回戦 阪神1-2広島 勝 マテオ 2勝0敗 負 九里  2勝1敗 S ドリス 0勝1敗6S この記事でのご紹介は以上となります。 最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。 【阪神広島4回戦~6回戦】 プロ野球阪神広島4回戦|メッセ粘投!!鳥の2点タイムリー!広島止めた! プロ野球阪神広島5回戦|初回が全て!!完敗で連勝止まり仕切り直し!!      
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. corburt erilio より:

    You have remarked very interesting points! ps nice website .