ガンプラアッガイMGキットの思い出|意外に人気だった事に驚き!


ガンプラアッガイMGキットの思い出|笑える話

ガンプラアッガイMGキット

ガンプラアッガイMGキットの思い出についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では思い出のガンプラシリーズとしてアッガイMGキットを作成した時の面白い話から

  • ガンプラアッガイMGキットの思い出|待ち遠しい
  • ガンプラアッガイMGキットの思い出|早速製作開始!
  • ガンプラアッガイMGキットの思い出|さて、塗装

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガンプラアッガイMGキットの思い出|待ち遠しい

ガンプラアッガイMGキット

『ガンプラ笑える話、おっさん、アッガイを作る』

アッガイ…

『機動戦士ガンダム』に登場した水陸両用モビルスーツ。

その忍者のような機動性と独特なフォルムがインパクト大のモビルスーツですが、プラモデルとしてはそれほど人気のあるキットではなかったですな…

しかし、最近はその独特なフォルムが『ラブリー』であるとして、『アッガイたん』なんて呼ばれ、やたら人気のあるモビルスーツになってしまいましたね(笑)

今回はそのアッガイのキットを製作した時の話をを書きます。

待ち遠しいアッガイ

アッガイのMGキットが発売されると知ったのは、ホビージャパンの新作キット情報でてました。

確か4月か5月頃に知ったのですが、その完成度の高さに

『これは見逃せぬ、見逃せしてなるものかよっ!』

とばかりに購入を即決しました。

発売日は7月…

正直、待ち遠しかったですな…

なんかやたらボリューミーで、作りがいがありそうに見えたんですよね~

これは塗装もやらなきゃならんな、とか思いながら、MGシャア専用リックドムを作ったりなんかしながら、発売を心待ちにしてました…

で、発売日…

確か金曜日発売だったか…とにかく金曜は仕事を定時で終えて、玩具屋に車を飛ばしました。

玩具屋では、かなりの量が積み売りされていたようですが、もう残り少なくなっていましたね(笑)

『アッガイ、ヤベ~人気だな』

とか思いながらレジに持ってくと、女性店員さんが、

『アッガイたん可愛いですよね?』

とか声をかけてくれたんですが、正直、その店員さんの方が可愛いかったですね(笑)

ガンプラアッガイMGキットの思い出|早速製作開始!

ガンプラアッガイMGキット

早速製作開始!

週末、当時は独身彼女無しだった私には腐るほどの時間と、製作意欲がありました(笑)

早速開封すると、やはり生で見ても各パーツがいい色をしています。

『塗装、必要なくね?』

とか思ったりしちゃったんですが、やはり塗装ありきで製作することにしました。

まずは素組みですな。

このアッガイは、中身がザクです(笑)

てか、ザクを水陸両用に改修した機体がアッガイなんですな。

腹の中に、その痕跡が再現されていて、非常に勉強になりましたね。

こうやって戦場とかでも現地改修された幻のモビルスーツが多数あったかも知れない…と妄想を膨らませながら製作を続けました。

コイツもパーツが大きめなので、手がゴリラな私でもサクサクと製作が進みました。

完璧な完成度と、ゴリラでも製作できるプラモデルをリリースし続けるバンダイさんの技術力の高さには、やはり脱毛…いや、脱帽しきりです(笑)

食事をしたり、風呂に入ったり、休憩したりしながらでも4時間くらいで素組みが終わったので、とりあえずモンハンで一狩りして寝ました(笑)

ガンプラアッガイMGキットの思い出|さて、塗装

ガンプラアッガイMGキット

さて、塗装

さて、翌日。

朝から粗めにペーパーがけをして、それを細かいペーパーで重ねがけして下ごしらえだけで半日以上かかりました(笑)

この頃、塗料にクリアーカラーを混ぜるのに凝ってまして、クリアーカラーを混ぜるとテカリが違うんですよねぇ…ま、本とか見ながら調色して、準備ができて塗装を開始しました。

母親から、シンナーの臭いについてクレームを連発されていましたが、背中を向けて無視を続けていました(笑)

心の中では

『スマンな、オカン』

とか思ってはいましたよ。

とりあえず、おっさんなんでね(笑)

いやあ、この調色はうまくいきましたねぇ。

プラモデルらしさが抜けていきます。

やっぱり塗装をすると重厚さが増しますわ。

なんだかんだで、翌日の午前中まで塗装してました。

さすがに自分でもシンナークセェな、とか思うほど、ゴリラの部屋はシンナーの臭いが充満してました(笑)

で、完成!

手のクローはシルバーに塗装したんですが、コイツもうまくいきました!

クローの先も少し手を加えて鋭くしてたので、いい具合に鋭利な見栄えになりました。

日が暮れる頃にはほぼ乾燥してたので手に持ってみると、重い!

あのゴッグより少し重いくらいの重量感があり、ガンダムを横に立たせると圧倒的なボリューム感がして、しばらく眺めてましたね(笑)

しかし、よくみると…

まだ乾燥しきっていなかったのでしょう…

アッガイのボディには、うっすらとゴリラの指紋がついてしまっていました…

しかしもう、塗装をやり直す気にはなれず、そのままにする事にしましたよ。

我慢を忘れない為の、よい教訓として…(笑)

その後…

アッガイは、今も実家に安置されています。

ゴッグの隣で、日本人形のように安置されていますよ(笑)

しかし、ジオンの水陸両用モビルスーツは、作中では凶悪に見えても、完成品をみるとラブリーなのはなんでなのか…?(笑)

いやあ、思い出したらまた作りたくなりますな…

なんか、HGでゾゴックやゾックなんかも発売されてるみたいで…

HGなら嫁、許してくれるかな?

とりあえず、何か作りたいので、今週末は玩具屋へGOです!

この記事でのご紹介は以上となります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のガンプラ関連記事】

ガンプラとおっさんジムスナイパーカスタムMG化を知る!|11月11日発売!!

おっさんが作るガンプラドム試作実験機|【完成編】

ガンプラドム試作実験機の作成1|おっさん久々のプラモ作り

ガンプラオリジンシリーズを求めて|おっさんとプラモ屋

ガンプラのおっさんの笑える体験談|ゴッグに纏わる話

ガンプラの山を築き上げたおっさんが・・・|パーフェクトジオングという禁断の扉

ガンプラにハマり量産型ガンプラの山を叱られた思い出|おっさんがハマるとこうなる・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする