ベルセルクのガッツと蝕についての考察|グリフィスのプライド


ベルセルクのガッツと蝕についての考察|夢の果て、世界の果て、その先には…

ベルセルクガッツ蝕

ベルセルクのガッツと蝕についての考察についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事ではベルセルクのガッツと蝕についての考察から

  • ベルセルクのガッツと蝕についての考察|信念が揺らぐとき
  • ベルセルクのガッツと蝕についての考察|プライドの塊、走る
  • ベルセルクのガッツと蝕についての考察|蝕の始まり

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルクのガッツと蝕についての考察|信念が揺らぐとき

ベルセルクガッツ蝕ベルセルクガッツ蝕

『ベルセルクのガッツの考察・夢の終わりと蝕について②』

最悪の追っ手、ワイアルド率いる黒犬騎士団を撃退したガッツ達はしばし休息をとります。

ワイアルドにより、グリフィスが再起不能だという事は、リッケルト等別働隊を除く団の全員が知るところとなっていました。

一息つく中で、旗頭、希望であったグリフィスが再起不能という現実を突きつけられたメンバー達は、明日を示す指針を失う事となったのです。

ガッツの信念が揺らぐ

ガッツは、グリフィスと対等の『友』となるべく団を抜けました。

ガッツには、『明日』があります。

しかし、メンバー達は信じていたグリフィスという指針を失い、『明日』を見出せません。

メンバー達はキャスカやガッツがいる限り、まだやれる。

グリフィス一人の面倒を見るくらいどうという事はないと、『鷹の団』の再起を訴えますが、ジュドーの

『グリフィスあっての鷹の団だろ?』

という言葉により、意気消沈します。

それどころか、グリフィスについていったのは、間違いだったんじゃないか?

という空気まで流れ始めました。

ガッツはこれにいきどおり、

『自分で始めた戦だろうが!責任は自分でとれ!』

と口に出しかけますが、キャスカに止められます。

キャスカはガッツに、みんなはお前ほど強くないんだ、と諭します。

人間は、そのほとんどが何者かに依存して生きています。

自分より優れ、何か確固たる信念を持つ者に依存するのは悪い事ではないと思います。

しかし、彼、もしくは彼女も自分と同じ一人の人間であり、弱い一面を持っていたり、過ちを犯す事もあるという事を忘れてはいけません。

この世に、完全無欠の人間など一人たりとも存在しないのです。

ガッツの言う事は全くの正論であると思いますが、あの場面では厳しすぎる言葉だったのでしょう。

ベルセルクのガッツと蝕についての考察|プライドの塊、走る

ベルセルクガッツ蝕

プライドの塊、走る

皆のやり取りを察したグリフィスは子供時代の自分自身の幻影に導かれるように、馬車で走り出します。

プライドの塊とまで言われたグリフィスらしい行動でしたが、彼が走り出した先には何もありはしません。

もう、夢は潰えたのです。

彼が走り出したのは、現実逃避だったように思います。

彼が乗った馬車は地面でつまづき、転倒し、グリフィスは宙に舞い上がります。

地面に叩きつけられたグリフィスは意識を保っていましたが、激痛を覚え腕を見ると、腕は完全に折れていました。

棒切れのような折れた腕を見て、グリフィスは大笑いしますが、その後、馬車の破片で首を刺して自殺を図ります。

しかし、死に切れない…

グリフィスは涙を流します

このくだりはあまりに切なく、胸を締め付けられますね。

三浦先生の人間観が、このくだりに集約されているように思います。

私は、自分が歩んできた人生の結果が『現在』であると思っています。

今そこで、そういう状態にある『自分』。

どうしようもない大きな運命の濁流に流される事もあるでしょうが、『現在』は、善くも悪くも、それに至るまでに自分が行った選択や言動の『結果』なのです。

ベルセルクのガッツと蝕についての考察|蝕の始まり

ベルセルクガッツ蝕

蝕の始まり

走り出したグリフィスを追うガッツの心中はとにかくグリフィスの無事を祈る事で占められていたでしょう。

グリフィスを再起不能に追い込んだかも知れないという自責の念、唯一『友』であると認められたい存在を失う事は、ガッツの鋼のような精神でも耐えられるものではなかったかも知れません。

ガッツはグリフィスの姿を発見します。

グリフィスの生存を確認したガッツは安堵しながらもグリフィス確保を果たすために馬車を走らせます。

しかし、グリフィスの背後には、死せる太陽が浮かんで見えます。

『蝕』の始まりでした。

二度とお前を…

ガッツは死せる太陽など構わずにグリフィスの元に駆け寄ります。

しかし、グリフィスは

『来るな、来るな、今お前に肩を掴まれたら、二度とお前を…』

と心の中で叫びます。

この後に続くセリフはなんだったのか?

おそらく

『友と呼べなくなる』

だったんじゃないでしょうか?

プライドの塊のようなグリフィスが、対等であるはずの『友』からの同情を受け止めきれるわけがありません。

グリフィスはこの後、血の涙を流します。

グリフィスは1番失いたくなかったものを失ってしまったのです。

それは『友としてのガッツ』だったのだと思います。

『自分の国を手に入れる』という自分の夢よりも価値のある唯一のもの…

それを失った瞬間、ついにグリフィスの魂は世界の果てを見る事になったのです。

夢の果て、世界の果て、その先には…

何もかも失ったグリフィスは血の涙を流します…

それは一度は失いながらも因果の流れの中でグリフィスの手元に舞い戻った真紅のベヘリット『覇王の卵』のあるべき姿を取り戻させ、『覇王の卵』は渇望の慟哭により、荒野を、巨大な人面に覆われた異世界へと変貌させ、あの『ゴッドハンド』達を現世に召喚します。

ガッツ達は、ゾッドがよげんした『決して逃れられない死』に満ち満ちた魔界へと、引きずり込まれたのです。

彼らを囲む無数の使徒。

今まさに新たな福王誕生の為の儀式たる大いなる夜祭『蝕』が始まろうとしていました。

そのトリガーとなるのが、究極の選択を迫られるグリフィスの意志一つでした…

ベヘリットとは?

ベヘリットは、石のような硬い材質で、人間の顔のパーツが無秩序に配置された卵型の物体です。

グリフィスは首飾りとして愛用していましたが、彼が持つ真紅のベヘリットは『覇王の卵』と呼ばれ、それを持つものは己の血と肉を引き換えに世界を手に入れると呼ばれているものです。

これは、世界の果てに辿り着いた、つまり、到底乗り越えられない人生の限界の壁に行き道を無くしてしまった者の流す血の涙に呼応して、神としか言いようのない因果律そのものであるような存在の意志の執行者であるゴッドハンドを召喚します。

ゴッドハンドは、己の血肉にも等しい存在を捧げる事と引き換えに壁を乗り越える為の力を授けますが、あくまで強要はしません。

ベヘリットは、因果律によって選ばれた者を超常の者へと『転生』させるスイッチ。

平たく言えば

『人生やり直しスイッチ』

とでも呼べるものかも知れません。

しかさは、これにより転生すると言いよう事は現世に生きながらも人間ではなくなり、『魔』そのものとなってしまいます。

この発想は、人はその人間性を捨て去る事で、人間以上の存在になるという事の比喩かも知れませんが、現実世界においても、歴史に名を残した人の中には、そんな人がいたかも知れないと、私は思っています。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

【その他のベルセルク関連記事】

ベルセルク39巻以降の展開予想考察【ネタバレ含む】|ガッツに関する現在思いつく謎は?

ベルセルクのガッツが黒い剣士と呼ばれるに至るまでの考察|精神状態は?

ベルセルクのガッツの考察・夢の終わりと蝕について③|友との決別

ベルセルクのガッツの考察・夢の終焉と蝕について|悪夢の始まり

ベルセルクのガッツの考察・黄金時代編・後半|武者修行からグリフィスの乱心

ベルセルクのガッツについて現在から今後を考察~黄金時代編・中|グリフィスとの関係性

ベルセルクガッツ黄金時代編の考察|前半

ベルセルク主人公ガッツについて現在までと今後を考察~少年編|出生から振り返ってみて

ベルセルクのガイゼリック王とドクロの王様についての考察|ミッドランドは実在する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする