ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|開闢後は?


ベルセルクの髑髏騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|今どこで何をしている?

ベルセルク髑髏の騎士ガッツ40巻考察

ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルクの最新40巻を読み、今後の髑髏の騎士、そしてガッツについての考察を

  • ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|現世と幽界が重なる
  • ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|大幽界嘯と髑髏の騎士
  • ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|髑髏の騎士にチャンスが芽生える?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルクの髑髏の騎士とガッツについて40巻以降どうなるか?の考察|現世と幽界が重なる

ベルセルク髑髏の騎士ガッツ40巻考察

ベルセルク、髑髏の騎士についての考察~幻造世界開闢後の髑髏の騎士はどうなった?~

恐帝ガニシュカが再転生した『終わりの魔獣』を髑髏の騎士の『喚び水の剣』が切り裂いた事により、ベルセルクの世界は、通常では重なる事のなかった現世と幽界が重なり合うという幻造世界の開闢に繋がりました。

最新40巻を読んで不意に甲塚ぎ気になったのが気になったのが、開闢後の髑髏の騎士の存在…

彼は今、どこで何をして、どうなっているのか?

今回は、開闢後の髑髏の騎士について妄想してみたいと思います。

現世と幽界が重なる

幻造世界は現世と幽界が重なる事によって、全く新しい世界に変貌しました。

現世の人間から見れば、空想の中の存在であったはずのドラゴンや巨人などが闊歩する世界となったのですが、存在しないはずのものがいきなり現れたのではなく、お互い時空を事にする世界に確実に存在していたものが、新しい世界に同居する形になったものですね。

しかも、これらは新しい幻造世界においては、同じく等しい生命を持つものです。

生命というレベルにおいては、種族差はなく、平等であるのだとおもわれます。

幻造世界は、生命という普遍的な全ての源以外は、全く新しい理が支配する世界だとも言えます。

夢がそのまま、現実になったといっても過言ではないでしょう。

そんな新しい世界で、髑髏の騎士という存在にはなんの変化もなかったのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする