ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|多くの読者が嫌いという異能者


ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|鷹の巫女ソーニャ

ベルセルクソーニャ未来使徒化贄

ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では、ベルセルクの読者の中でも嫌いといわれることの多い鷹の巫女ソーニャの未来についての考察を、

  • ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|光の鷹の信認を得る鷹の巫女
  • ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|スラン?
  • ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|この先はどうなる?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルセルクのソーニャの未来は使徒化か贄か?|光の鷹の信認を得る鷹の巫女

ベルセルクソーニャ未来使徒化贄

ベルセルク、ソーニャについての考察~その笑顔には不幸の影が…?~

ベルセルクの登場人物の中でも珍しい生まれつきの異能者らしい、鷹の巫女ソーニャ…

甲塚は、かつてキャスカがそうであったようにグリフィスを崇拝し、グリフィスに褒められては、はにかむソーニャの笑顔に何やら不幸の影を感じるのです。

今回は、それについての考察です。

光の鷹の信認を得る鷹の巫女

ソーニャは生まれつき霊感が鋭いのでしょう。

彼女はごく普通の少女のように見えますが、その世界観は常人とはかけ離れているように思えます。

彼女の目は、物事の本質を見通しているように思えますが、その力は彼女の霊感の鋭さを象徴しています。

クシャーンの捕虜となり、奴隷として何処かへ連行されそうになった際、そのクシャーンを蹴散らした新生鷹の団を率いていたグリフィスを一目で、この世に並ぶ者のない絶対者として認識したように、甲塚には見えました。

また、戦魔兵の正体を知りながらも気安く接することがてきるところも、常人とはかけ離れている感性です。

彼女にとってはグリフィスが世界そのものであり、世界がグリフィスそのものであるのだと思われます。

グリフィスに従うか、従わないか…

その姿勢で、彼女は善悪を見極めているようにも思えます。

法王は、グリフィスと出会い、初めて自分の人生に意味があった事を認識したようですが、ソーニャも法王と同じであるのでしょう。

自分が他人と違う感覚を持って生まれた事に、意味を持たせてくれたのが、グリフィスであり、グリフィスと出会い、その助けとなることが自分の使命なのだ、とも思っていそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする