2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|来年のダービー馬はいるのか?


2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|ダノンプレミアムに人気が集まっていますが・・・

2017朝日杯フューチュリティS予想

2017朝日杯フューチュリティS予想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では2017年12月17日に開催されるGⅠ朝日杯フューチュリティSの出走馬に予想についてを

  • 2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|出走馬
  • 2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|◎フロンティア
  • 2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|◯ダノンプレミアム▲ステルヴィオ

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|出走馬

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想

『2017朝日杯フューチュリティ予想!~来年のダービー馬はいるのか?~』

年の瀬の2歳マイルチャンピオン決定戦『朝日杯フューチュリティステークス』が明日、12月17日に阪神競馬場にて開催されますな!

今年からは2000メートルの2歳GIホープフルステークスが新設されたので、マイル戦線を狙う馬のためのレースという意味合いが強まったと思われます。

メンバーを見ても短距離からマイル向きの馬が多い事がそれを証明しているかも?

出走馬

1.ダノンプレミアム
2.フロンティア
3.タワーオブロンドン
4.ライトオンキュー
5.ケイアイノーテック
6.アサクサゲンキ
7.ヒシコスマー
8.ファストアプローチ
9.ムスコローソ
10.ステルヴィオ
11.カシアス
12.ダノンスマッシュ
13.アイアンクロー
14.ダブルシャープ
15.ケイティクレバー
16.イシマツ

1番人気はサウジアラビアRC勝ちのダノンプレミアム、2番人気は京王杯2歳勝ちのタワーオブロンドン、3番人気がサウジアラビアRC2着のステルヴィオ。

新潟チャンプのフロンティア、小倉チャンプのアサクサゲンキは低評価のようですな…

気になるのはダノンスマッシュ等ロードカナロア産駒達が活躍するかですな…

では、早速予想です!

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|◎フロンティア

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想

◎フロンティア

ダイワメジャー産駒の新潟チャンプ。

新潟の勝ち時計は高水準で、上がりも32秒9となかなかの切れ味。

もうすこし距離が伸びてもよさそうな感じですが、ホープフルでなくこちらを選んだからには必勝体制と見えます。

鞍上岩田ジョッキーとも相性はよさそうです。

前走デイリー杯2歳は4着でしたが、力負けとは思えません。

十分にチャンスありと見ました!

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想|◯ダノンプレミアム▲ステルヴィオ

2017朝日杯フューチュリティS出走馬に予想

◯ダノンプレミアム

サウジアラビアRC勝ちがある、今回の1番人気馬。

ディープ産駒らしいスピードを持っているようで、前走は府中の芝1600メートルを1分33秒0で走破!
おそらく来年のクラシック戦線の主役の一頭になるだろう馬ですな。

何故ホープフルに向かわなかったのか疑問ですが、こちらに出走という事は、折り合い的に2000メートルを走る事に一抹の不安があるんではないかな?と見ます。

怪我さえ無ければ間違いなく来年のダービーに出走すると思われますが、ここでどんな走りを見せてくれるのでしょうか?

▲ステルヴィオ

ロードカナロア産駒の一頭。
母父がファルブラウというあたりが、いかにもマイルで走りそうな血統。

札幌の芝1800メートルのコスモス賞を勝ち、前走サウジアラビアRCではダノンプレミアムの2着。
少しダノンに千切られてしまいましたが、上がりはメンバー最速の33秒5。
末脚の爆発力は今回のメンバーでもトップかも知れません。

一気に頂点も十分にあり得ます。

あと気になるのはダノンスマッシュと京王杯2歳勝ちのタワーオブロンドン。

タワーオブロンドンは人気していかにもこけそうな感じがありますが、勝ち負けしても全くおかしくないとは思います。

◯来年のダービー馬は?

今回のメンバーで可能性があるのは、やはりダノンプレミアムでしょう。

名前からも馬主さんや陣営の期待のほどが伺えます。

サラブレッドはスピード能力の高さが強さに比例するというモデルのような馬かも知れません。

新設のホープフルステークスと合わせて、来年のクラシックが楽しみになるようなレースを期待します!

2017年の朝日杯フューチュリティSの予想は以上になります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする