有村藍里頑張れ!|有村架純の姉で女優グラビアなどで活躍されています


有村藍里頑張れ!|姉妹で同じ業界にいると辛い事もあるかと思います

有村藍里有村架純

有村藍里についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では今、ネット上で心無い非難の的となってしまっている有村藍里さんについて

  • 有村藍里頑張れ!|グラビアや女優業で活躍されています
  • 有村藍里頑張れ!|兄弟姉妹で比べられるのは非常に辛いと思います
  • 有村藍里頑張れ!|応援している方々もいます!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

有村藍里頑張れ!|グラビアや女優業で活躍されています

有村藍里有村架純

女優・有村架純さんの姉でグラビアアイドルの有村藍里さんが6月9日、自身のTwitterで“ありのまま”の自分で頑張っていくという新たな決意を述べられました。
 
ネットでの誹謗中傷も知りながら、前を向く有村藍里さんの姿勢を立派と思います。
 
それに多数の応援コメントも見られます。
 

有村藍里頑張れ!|兄弟姉妹で比べられるのは非常に辛いと思います

有村藍里有村架純

 
有村藍里さん6月8日の深夜に放送されたテレビ東京系のバラエティー番組
 
「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」
 
に出演されました。
 
そこでは、売れっ子女優である妹の知名度を利用した売名や整形疑惑など、自身へのバッシングについて語られました。

実際、架純の姉であることは、新聞の報道で大きな話題になっています。
 
有村藍里さんによれば、掲載された写真は
 
「どブスの顔」
 
だったそうで、
 
「私はその時に現実を見て、私めっちゃどブス! ってなって……」
 
と大きなショックを受けたと自身で語られました。
 
容姿に関しては自身の力ではどうしようもない部分もありますし、妹が妹なだけに比べられるのも当然と思いますが、甲塚も兄弟がいる身なので比べられる辛さは良くわかります。
 
特に兄弟姉妹で比べてはいけないのが、勉強、容姿です。
 
兄弟で比べられて、学生時代にグレた友人も甲塚は知っていますし、これは本当に周囲の人の予想以上に傷つくことですし、意外に引きずります。
 

有村藍里頑張れ!|応援している方々もいます!

有村藍里有村架純

 
容姿に関するネットの悪口はさまざまで、漫画「テラフォーマーズ」のゴキブリ、馬、ロバ、モアイ像などに似ているというコメントを目にしたのだとご本人は仰っております。
 
いくらなんでも酷いでしょ・・・
 
芸能人であっても、一般の人間でも、人である限り心はあるのですから、人の心を壊してしまうような非難中傷はいけないでしょう・・・
 
有村藍里さんは「自分の顔はブサイク」とご自身で仰っていましたが、共演者の方々はフォローされていました。
 
それでも自信が持てない様子だった有村藍里さん。
 
整形疑惑は否定されていました。
 
しかし、SNSに投稿する写真は加工しているものもあるといい、それについても
 
「必要がない」
 
「藍里自身の魅力がある」
 
と諭され、あたたかいエールに最後はうれし涙を流しておられました。

この放送の直後、有村藍里さんはTwitterを更新されています。
 
番組の内容を意識されたのか
 
「切り替えてありのままのわたしで頑張らせてもらいます」
 
と切り出すと、
 
「もうブスでもなんでもいいよ。こんなわたしのことを応援してくれる人もいるんだから。そのことだけに感謝して生きていく。ありがとうございます これからもよろしくお願いします」
 
と決意を新たにしておられました。

有名女優の姉ということで、注目される存在となった有村藍里さん。
 
フィギアの浅田舞さんも浅田真央さんの姉であるという事で凄く辛い事も過去に多々あったと語られている番組を見たことがありましたが、本来立派な兄弟姉妹がいるという事は、兄弟姉妹として喜ばしい事なのですが、周囲の比較や心無い言動でそうは思えなくなってしまう事は非常に悲しいことだと甲塚は思います。
 
それゆえにネット上には心無い言葉もありますが、有村藍里さんのこの投稿には
 
「応援しています。今後の活躍にも期待しています」
 
「藍里ちゃん(⌒▽⌒)そのままでいいんです これからもずっと応援して行くからね~」
 
「まったくブスじゃないと思う!可愛いよ!そんなこというやつのことは気にしないで頑張れ!」
 
といった応援コメントが続々と届けられているみたいです。
 
有村架純さんの姉であるから非難されたと思わずに、芸能人の方々は多少有名になられると、どんな人でも非難中傷をする人が居ます。。
 
有村架純さんの姉だから非難されたと思わずにこれから頑張っていって欲しいと甲塚は感じました。
 
この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。
 
最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。
 
 
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする