2017年有馬記念展望|起こるか世代交代!?サイン馬券は?


2017年有馬記念展望|スワーヴリチャードの秘めたる力は本物!

2017年有馬記念展望

2017年有馬記念展望についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

いい芝居してますね!サイト管理人の甲塚誓ノ介でございます。

この記事では今週末12月24日のクリスマスイブに開催されるJARGⅠ有馬記念の展望やサイン馬券についてを

  • 2017年有馬記念展望|1番人気はキタサンブラックで間違いはない
  • 2017年有馬記念展望|世代交代
  • 2017年有馬記念展望|サイン馬券は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年有馬記念展望|1番人気はキタサンブラックで間違いはない

2017年有馬記念展望

『有馬記念2017展望!引退の花道か、世代交代か?2番人気以降は割れそうですな…』

有馬記念!

2017年も、もうあと少し…

キタサンブラック引退までも、あと少しとなりましたね。

しかし、後に続くスターホースが見当たらない現状。

キタサン以降の競馬界をどの馬が引っ張っていくのかも踏まえて、有馬記念の展望を書かせて頂きたいと思います。

有馬記念展望

1番人気に挙がるのは間違いなくキタサンブラックでしょう。

鞍上武豊ジョッキーは秋のGIを全部勝つ自信があったようですが、天皇賞・秋は勝ったものの、ジャパンカップは悲願のGI獲りを果たしたシュヴァルグラン、今年のダービー馬レイデオロに差されて3着。

しかし、大目標は未だ持っていないグランプリホースの称号。

天皇盾を3枚持っているとは言え、やはりグランプリホースの称号は是が非でも欲しいところでしょう。

ジャパンカップも世代交代という言葉を出すのは気が早いと思える内容。

現役最強馬として臨む、競走馬生活の集大成となる有馬記念。

理屈抜きで勝って欲しい、勝たせてあげたいと思ってしまいます。

おそらく番手追走の形になると思われますが、4角先頭からの粘り込みという勝ちパターンでいくと思われます。

シュヴァルグランとの叩き合いになる事は必死で、そこにスワーヴリチャードあたりが差し込んでくる展開が予想されます。

シュヴァルグランは秋3戦目で消耗は少なく、調子は上がりこそすれ落ちているとは思えません。

今年のダービー2着馬、スワーヴリチャードはアルゼンチン共和国杯を強い内容で勝っての出走。
あのレースを見る限り、キタサン、シュヴァルをまとめて差し切っても不思議ではありません。

何かを起こすとすれば、シュヴァル、スワーヴと同じくハーツクライ産駒のサトノクロニクル

チャレンジカップを制しての出走で、3着あたりに食い込んでくる可能性はありとみます。

個人的にはハーツクライ産駒激臭を放っているような気がしてなりません(笑)

ミッキークイーンも調子は悪くなさそうなんで、こちらも芳しい匂いを感じますな(笑)

2017年有馬記念展望|世代交代

2017年有馬記念展望

世代交代は?

1番手はやはり今年のダービー2着馬スワーヴリチャードでしょう。

ダービー馬レイデオロはジャパンカップで2着。

今年の3歳牡馬が古馬混合戦でも通用すると証明しました。

そのダービーでレイデオロと僅差だった事に加え、アルゼンチン共和国杯の勝ちっぷりを見れば、どう完全にてもGI級。

あのレースを見れば、すでにレイデオロを超えていると言っても過言ではないでしょう。

もし有馬記念を勝つようであれば、来年の競馬界の主役になる可能性もあるでしょう。

まあ、来年はもしかすると今年の朝日杯フューチュリティの覇者ダノンプレミアムが怪物化する可能性もあるので、政権をとったとして短命の可能性がありますが…

2017年有馬記念展望|サイン馬券は?

2017年有馬記念展望

サイン馬券は?

有馬記念といえばサイン馬券。

今年は某キャリアウーマンのキメ台詞『35億』、これがサインかも知れません(笑)

3番と5番に入る馬が面白いかも?(笑)

今年引退された将棋の加藤一二三先生がタレントとして大活躍されましたが、それから1番2番3番の三連単と言うのも面白いかも?(笑)

殺伐としたワードではなく、明るい話題に絡むサイン馬券になればいいなあと思います。

個人的には『ひふみん馬券』は買おうと思っております…(笑)

直前には予想記事を書かせて頂きますよ!

この記事でのご紹介は以上となります。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

その他の2017年有馬記念関連記事

キタサンブラック2017年有馬記念は引退レース|歴史的名馬もいよいよ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする